ケーススタディ

賃貸経営01 賃貸住宅経営に興味はありますが、土地探しから始めるとなると大変そう。

イメージ写真

「リスクが小さい」土地を探し出すために。

土地探しから賃貸住宅経営をスタートされる場合、とくに大切なのはできる限り「リスクが小さい」物件を探し出すこと。そのためには、たとえば長期的に高い稼働率を保てる立地にあること、快適な住まいを建てられる広さや形であること、土壌汚染をはじめとする問題がないことなどの見極めが必要です。
これらは、依頼する不動産会社の情報収集力や調査力に左右されます。

イメージ写真

情報収集 → 絞り込み → 調査で、リスクを小さく。

当社では、お客さまのご要望をお聞きしたうえで、関連部署が連携して、土地の情報収集に努めます。候補地の情報が集まった後、近隣の当社管理物件をデータベースから抽出し、稼働状況などを参考に絞り込みを行います。
さらに、土地自体に問題がないか、測量士や建築士に調査を依頼し、お客様にご提案いたします。一見、難がなさそうに見える土地でも、いざ経営を始めると低収益になってしまうことや後から土地の問題が発覚することも考えられるので、二重・三重のチェックが欠かせません。

イメージ写真

収支に大きく影響する建築プランのサポートも。

賃貸住宅経営の安定には、どんな住宅を建てるかもポイントとなります。そして収支の見通しをあらかじめ把握しておくことも大切です。お客さまが懇意にされている設計士に図面作成を依頼されるケースもありますが、そうした場合にお客さまと設計士との間に入って、間取りプランや賃料設定などをご提案させていただくことも。もちろん間取りや賃料の設定にあたっては、エリアを担当する部署とともに商品企画を練り上げ、収支のシミュレーションを作り上げています。

イメージ写真

お客さまとともに賃貸住宅経営を成功させる、 「共同経営者」の意識をもって。

お客さまの不動産をお預かりして管理をすることは、当社の最も重要な業務のひとつです。入居者の募集やトラブル解決、リフォーム、賃料回収など、賃貸住宅経営の全てをサポート。プランをご提案する段階から、リスクを最小限にとどめ、安心を届けたいという強い思いで取り組んでいます。

Rさまの声

商業系ビルを複数所有していましたが、家賃の高騰、下落の幅が小さく、比較的景気の影響を受けにくい賃貸住宅経営をと思い、土地探しから三井ホームエステートに相談。土地の取得から、住宅プラン、賃料設定まで、親身になってご提案・サポートしてくれました。おかげさまで、経営も安定。今では投資の中心を「商業ビル」などから「賃貸住宅」にシフトしつつあり、引き続き別の物件の相談もしています。

お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム
  • お電話・FAXでのお問い合わせ
  • アセットソリューション部
  • TEL:0120-717-321(フリーダイヤル)
  • FAX:03-5226-3730
  • 受付時間 9:00~18:00(日・祝祭日・年末年始を除く)